ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

【Mac】Dropboxの「同期を一時停止」がない,消えた時の対処法

mac-dropbox-pause-sync-thumbnailApple
ボクサー
ボクサー

システム ヲ テイシ シマシタ. 搬送ロボットのボクサーだ!(@koshishirai)だ!

問題

・MacのDropboxの設定を見てみたら「同期を一時停止」がいつの間になくなった。

2020.08.12, Macのデスクトップアプリ最新版の「Dropbox」を使用していたところ、
「同期を一時停止」という項目が消えました。

今までのバージョンなら「同期を一時停止」という項目が存在していたはずですが、
アップデートのせいか表示されなくなりました。

これでは、バンド幅で設定した制限速度で、同期が進行してしまう。

私は心の中で、Dropboxが徐々に改悪アップデートする作戦にきたのかと数分思ってしまいました。

そんなことはさておき、とりあえず「同期を一時停止」したいので、1つ1つ機能を確認したら、

「同期を一時停止」の位置が変わったようです。

今回は、Mac版のDropboxの「同期を一時停止」が消えた時の対処法を示します。

問題 いつもの位置に「同期を一時停止」の項目がなくなった

dropbox- There is no pause in sync

右上のオプションをクリックすると、メニューが出てきます。
いつもならこの中に「同期を一時停止」があるはずですが。

  • 同期の問題を表示する
  • 通知のスヌーズ
  • 基本設定
  • ヘルプ
  • 終了

と、「同期を一時停止」の項目が存在しません。

「同期を一時停止」君、どこいった。

スポンサーリンク

動作環境

  • macOS Mojave
  • Dropbox バージョン 103.4.383, (2020.08.12 最新版)

「同期を一時停止」の場所はここに移動した

  1. Dropboxを起動します。

  2. メニューバーのDropboxのアイコンをクリック。

  3. ウィンドウの左下の位置にカーソルを移動します。

「最新の状態」か「接続中」の近くにカーソルを持っていきます。

Cursor here

  1. カーソルを持っていくと「同期を一時停止」と表示されるので、クリックします。

"Pause sync" is displayed

これで「同期を一時停止」することができます。

「同期を一時停止」ができない時の対処法

対処法1「速度を制限する」

同期を停止できないのなら、速度制限という方法があります。

  1. [基本設定] → [ネットワーク] → [バンド幅] → [設定を変更...]にいきます。

dropbox-network-band-width

  1. ダウンロード速度 または アップロード速度をそれぞれ小さくします。

最小値は 1KB/秒 です。

dropbox-band-width-Speed ​​limit

これでDropboxの同期を遅延させることができます。

対処法2「Dropboxを終了する」

Dropboxのアプリを終了させれば、Dropboxの同期を一時停止した状態と同義です。

余談「Windows版には同期を一時停止がある」

Windows版は平和だな~。

windows10 dropbox pause sync

戻して...

個人的に元あった位置に「同期を一時停止」があってほしい。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました