ただいまの人気記事はこれ!おすすめ記事いろいろ

引きこもるのは当然。周りに同じ仲間がいないから

コウシ
コウシ

この記事はポエム的なポジションです。よろしくお願いします。王国騎士ロボットのコウシ(@koshishirai)です。

一人が最高

簡単に「引きこもりが当然だと感じる」プロセスを示す。

  • 昔から一人で遊んでいた。
  • みんなと遊んでもつまらない。
  • 話題がニッチ過ぎて合わない。
  • 友達幻想。
  • ぼっち、ニート、引きこもり安定。
  • 成熟の結果、相手に興味がなくなる。

以上からいえるのは、自分の人格、家庭環境、子供から社会人までの流れまでである。

  • 自分の人格:多くは発達障害(自閉症等)。生まれつきなので問題なし。
  • 家庭環境:親の姿をよく観察し、周りの地域性を身に刻む。
  • 子供から社会人まで:保育園→小学校→中学校→高校→大学。閉鎖的な空間で様々な経験をする。

引きこもりな自分は、要するに育った環境が合わないと感じるから、今後の人生をよりよく過ごそうと必死に考えているつもりなのだ。

スポンサーリンク

多様性の時代

我々は、生まれてから既にある社会基盤に文句を言えるようになった。

  • すぐ会社を辞める→当たり前, 学校の方がすぐに辞めたかったよ
  • 週5日, 1日8時間→私は絶対嫌だ, 何を根拠に設定している

学校と会社

学校と会社は全くの別世界である。
学校を中退し、半年間身辺整理をし、会社へ就職した。

学校と会社で違った点

学校

  • 親からのプレッシャー
  • 学ぶことは楽しい
  • 閉鎖的な周りの人間に馴染めない

会社

  • 自分の意志で行動できる
  • 「仕事(作業)」がつまらなくなってしまう
  • 自由になりたいから付き合いを嫌う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました